FC2ブログ
まだまだ諦めない!目指せ表彰台!ロードバイク・マラソン・トライアスロン練習日記

オフ期による能力変化

このシーズンになるとオフに入る方もちらほら。
トレーニングによって積んできた運動能力はどれ程の休養でどれ程低下するのだろうか?

10年前にある文献を参考に調べたものなので、更に新しい研究データがあるのかも知れませんので
参考までに。


 AT値、VO2MAX(最大酸素摂取量)は2~3週間で約10%、2ヶ月~3ヶ月で約15~20%低下。

 2週間後から徐々に脂肪燃焼効率が落ちる。
   その為、エネルギー源として炭水化物への依存が高くなってくる。
   結果的にハンガーノックにもなりやすくなるのでは?

 血中乳酸値が2週間で約2倍、2ヶ月で約4倍。

 そして筋肉ですが3週間程度まではそれほど変化しない。
   1ヶ月後から筋繊維の萎縮が始まる。
   3週間ほどであれば休養による筋力低下ではなく、筋肉への刺激が少なくなった為の
   神経系低下が関与しているのでは?

 速筋繊維の中でもType2aという持続的収縮に向いた疲労しにくい繊維が、
   Type2bという疲労しやすい繊維に変化していく。
   しかし、この変化は3週間まではみられないが、2ヶ月では30%程度になる。


ただし以上の結果は長期のトレーニングをした鍛練者ほど低下は緩やかです。
勿論、個人差もあります。

結果、3週間の休養ならば10%程度の変化なので、リフレッシュのために完全休養することも
大事なのでは? 休養によって精神面、関節、内臓を休めることも必要だと思います。
日本人はトレーニングのやり過ぎともよく耳にしますしね。


とは言っても休む勇気のないが者がココにいます・・・







スポンサーサイト



コメント
No Title
すべて当てはまっていると思います(^ω^;)
この前の練習時に陥った理由はやっぱりこういう事ですかね?
ゆっくりと元のパフォーマンスに身体を戻していこうと思います。
2009/10/31(土) 23:36 | URL | ウッチー #-[ コメントの編集]
No Title
こないだケンタロウちんの言ってた
「毎日走れば痩せるのでは」という言葉を
信じて練習量を増やしました。
単純ですが・・・。
2009/11/01(日) 08:04 | URL | ADON #-[ コメントの編集]
No Title
スキーシーズンも継続して自転車トレーニングする方法を考えねば・・・
2009/11/01(日) 23:50 | URL | hiro206 #-[ コメントの編集]
>ウッチー君
君の若さならこれから幾らでも強くなれるから、全く心配ないよ。
次はこっちが置いてかれそうだ ^^;
2009/11/02(月) 18:25 | URL | ロードマン #-[ コメントの編集]
>ADONさん
痩せるとか痩せないとかではなく、それは怖いくらい強くなりそうe-350
2009/11/02(月) 18:31 | URL | ロードマン #-[ コメントの編集]
>hiro206さん
スキーいいですね^^
今年はオフトレとして毎週スキーしたいぐらいです。
2009/11/02(月) 18:51 | URL | ロードマン #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ロードマン

Author:ロードマン
カイロプラクター
アロマインストラクター
健康管理士

【趣味】
自転車、マラソン、トレラン、トライアスロン
幾つになっても熱中症。
1967年生まれ

[所属チーム]
トライアスロン Team mega
ロードバイク  DESTRA

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター