FC2ブログ
まだまだ諦めない!目指せ表彰台!ロードバイク・マラソン・トライアスロン練習日記

マフェトン理論

私のウェイトコントロールと身体のベース造りには 『マフェトン理論』 が基本になっています。
                                  クリック

自転車やマラソンの為にトレーニングを本格的に再開した(インターバルやらメディオやら)のは
ここ最近ですが、しかし、どこからがトレーニングだったのかと考えると、それは乗り出した時、
走り出した時でしょう。
最初の頃はゆっくりであっても、最近のトレーニングがこなせる身体造りをしていたわけです。

去年まではベースを作るために少しづつ距離を延ばしてきた。 ゆっくりでも長く。
その基本はマフェトン理論です。

10年ほど前に自転車とマラソンをやっていた時も最初の3年間ずっとその理論を実行していました。
というのも私はゆくゆくはトライアスロンをやりたくて、関連雑誌を読むと多くの有名選手が
マフェトン理論を取り入れているので、これはいいと思ったのです。

マフェトン理論は、フィリップ・マフェトン博士が考えた理論で主にトライアスロン、マラソン等の
エアロビック競技で使われています。
効率良く脂肪を燃焼させエネルギーとして利用できる身体造りの為には・・・・という理論です。

トレーニングという限界まで追い込んで強くなる、しかしマフェトン理論はそんな事は自己満足で疲れているだけで実際には効果が上がらないという考えで、人間の身体の仕組みを知れば簡単に効果的に鍛える事が出来るという事です。



私が正しく理解していれば
糖質ではなく脂肪をエネルギーとして働く『エアロビック筋』を鍛える。
  これが重要となり、そしてエアロビックシステムがしっかりできてない人は以下の事に当てはまるそうです。
・疲れ易い、スタミナがない。
・お腹がすきやすい、特に甘い物が食べたくなる。
・食後に眠気を感じ、居眠りしやすい。
・太りやすい。
・感情の起伏が激しい。
・寝つきが悪い、熟睡できない、寝起きが悪い。


そしてエアロビック筋が使えるようになると・・・・

・精神が安定する。
・集中力が増す。
・睡眠が深くなり寝起きも良くなる。
・病気になりにくく、怪我もしにくくなる。
・熱さ寒さの変化にも対応出来るようになる。
・運動能力の向上。


私はかなりこれで強い身体、スタミナのある身体ができた気がします。
マフェトン理論にはその他に栄養だったりオーバートレーニングだったりあるのですが
いいと思ったところだけ取り入れました。
今後はマフェトン理論+????と思っていますが。 スピード&パワーが足りませんから。


これから運動をダイエットをと考えている方にはおススメです。


回復走 20㎞

 
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ロードマン

Author:ロードマン
カイロプラクター
アロマインストラクター
健康管理士

【趣味】
自転車、マラソン、トレラン、トライアスロン
幾つになっても熱中症。
1967年生まれ

[所属チーム]
トライアスロン Team mega
ロードバイク  DESTRA

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター