まだまだ諦めない!目指せ表彰台!ロードバイク・マラソン・トライアスロン練習日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減量の為に調理の工夫を

伊吹山ヒルクライムレースがだんだん近づいてきた。

レースまでわずか5日しかないのだが、あと1㎏は落としたい。

たった1㎏だが、マラソンでは1㎏の増減でタイムは3分変わると言われている。
それが登りの自転車レースとなると更に増減が大きくなると思われる。

とは言っても軽ければ軽いほど速くなるという訳でもないのです。
その人のベストの体重というものがあるようで、「ベスト体重であるほど結果が出やすい」といわれます。
ベスト体重とは、その人が最高のパフォーマンスを発揮できる時の体重です。
その為にベスト体重でレースに臨めるよう、食事管理を行っています。
トップレベルの選手がやせているようにみえますが、それは練習により絞り込まれた
その選手なりのベストの体重なのです。

過去の東京国際女子マラソンで、まさかの2位に終わった高橋尚子選手の敗因のひとつと言われているのが、体重減だそうで。ベスト体重の45kgより1.5kg、減ってしまったといわれます。



ということで私は奧方には食事のリクエストや調理方法も工夫してもらっていますが
最近は食欲が旺盛なので結構大変なんです。(^_^;)

私のやってる工夫としては


まずは食事の最初はたっぷりの野菜コンソメスープを。

揚げる、炒めるはしない。 野菜でも肉でも焼く、蒸す、煮るにします。
  低カロリーのものでも油が付くだけでカロリーは高くなります。素材よりも油のカロリーが高いくらいです。

サラダもドレッシングではなく塩かポン酢で。
  マヨネーズやフレンチドレッシングなどはカロリー高いです。

砂糖と脂肪を一緒に摂らない。
  砂糖を摂るとインシュリン分泌が活発となり、脂肪が分解されずに体に蓄積されやすくなります。   
  バタートーストにジャム、ポテトチップスにジュース、ステーキ、焼肉といった油っこい食事の後に
  ケーキなどの組み合わせは、体内に脂肪をどんどん増やしてしまいます。
  私は砂糖の代わりに蜂蜜をよく使います。

炭水化物はお米で。
  主食には、ご飯、パン、めん類などありますが、いずれ炭水化物です。
  でも、"粉"であるパンやめん類と"粒"であるご飯とでは大きな違いがあります。
  それは"粒(ご飯)"より"粉(パン、めん類)"のほうがインシュリンの分泌を刺激するのです。
  インシュリンの分泌が活発になると、脂肪の蓄積が促されるので、主食にはご飯がおすすめです。
  さらに腹持ちの面から見ても、ご飯はパンやめん類にくらべてエネルギー吸収がゆるやなので、
  満腹感が長続きします。

常に体脂肪率一桁をキープできているので効果あるのではと思っています。 参考までに。
たくさん食べても調理法や食べ方を工夫すれば必ず効果は出てきます。
スポーツをしていない人でもやってみてください。



あっ、運動は必要ですけど(^_^;)
脂肪を燃焼しやすい身体作りの為に。


30日 ゆっくりと10キロRUN
本日 ケイデンスを意識してクルクルと20km・・・伊吹山の作戦を考えながら


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ロードマン

Author:ロードマン
カイロプラクター
アロマインストラクター
健康管理士

【趣味】
自転車、マラソン、トレラン、トライアスロン
幾つになっても熱中症。
1967年生まれ

[所属チーム]
トライアスロン Team mega
ロードバイク  DESTRA

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。