まだまだ諦めない!目指せ表彰台!ロードバイク・マラソン・トライアスロン練習日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東山三十六峰マウンテンマラソン

初参戦の京都の30kmトレイルでした。
練習ではトレイルらしき所を走っているのですが、大会としては
昨年の豊田フォレスタヒルズと今回で2戦目なのです。

11月の鈴鹿エンデューロ以降、まずはここを目標にアップダウン中心に
走り込んできました。
準備としてはそれぐらいで、あとは一応ローディング。
カーボではない。
去年あたりから3時間以上のレースはファットローディングしている。
やり出してから、後半が更に垂れずに明らかに疲労感も少ない。
今回は2日前から肉、バター、ナッツなど脂肪分を多目に摂取。
(ファットローディングについては後日書こうと思います。)

そしてランの体重としては落としきれてない57kg。
それでも週2回の40~60分のメンテナンスも入れてきたので、
体調は良く軽く感じた。



この大会4回目というメガ森さんに引率して頂き、
ゴールとなる伏見稲荷大社に駐車し、JR⇒地下鉄と乗り継ぎ
スムーズに会場入り。



宝ヶ池-比叡山中腹-大文字山-清水山-稲荷山-伏見稲荷大社
累積標高1100m 最大高低差389m 全長30km



パラついていた雨もスタート前には上がった。

今回は服装に迷った。
下はCWXと決めている。
上はパールの薄手のアンダーウエア+ウィンドベスト。
これはミスった。
下りでは良かったが、登りでは風を受けず心拍だけが上がるので
大量の汗を掻くことになった。お陰でベストはベタベタ。
やはり上にはランシャツを重ねるのが良さそうだ。

スタート前にパシャ!



私のカテゴリはC。
S⇒A⇒B⇒C・・・という順で5分刻みでのウェーブスタートです。
Sは過去の持ちタイムが早い方で、あとのAからは年代別。
5分刻みではあっという間に、前のカテゴリーと混走となる。

街中を抜け、比叡山の登りでは1列となり大渋滞。
時々止まることもあり、この時点では3時間切りは諦めかけていた。

比叡山下りでは、抜ける所で少しでも前にと進んだ。
だが、大文字山の2Kmに及ぶ階段ではハイカーも多く、
ここでも渋滞。(>_<)
しかし登りきると京都が一望。
しばし休憩したいところだった。

ここで15km地点辺り。
大文字山の下りからは快調に飛ばし、人の後ろに付くと
無言のプレッシャーで道を譲ってもらう。
走りながら、下りはスキーと似た感覚な気がした。
楽しんで飛ばした。
そんな中、初めて後ろから迫ってくる気配を感じた。
世界を走り渡るプロトレイルランナー鏑木毅選手だった。
まるでカモシカのようで、あっという間に見えなくなってしまった。

後半、将軍塚―清水山―稲荷山とペースを上げて、
誰に抜かれることも無く突き進んだ。

全く垂れることも無くゴールできた。
目標の3時間切りは4秒足りなかったが、切れてたと思う。
ゴール後、ゼッケンに貼ってあるチップをスタッフが引き千切り
リーダーで読み取るといった計測だった。(^_^;)
自分で引き千切ってたら・・・

来年はカテゴリーSで走れそうなので2時間50分狙い!



鏑木さんと2ショット!
多分、同い年。



走った後に観光なんてのもいいですね。




応援に来てくれてたueさんが予約して下さいました。
感じの良いお店『瑞石庵』



私は自然薯雑炊を頂きました。
疲れた身体に染み込む美味しさでした。
ありがとうございましたm(__)m



次のトレランは2週連続ですが、12/15 豊田フォレスタヒルズです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ロードマン

Author:ロードマン
カイロプラクター
アロマインストラクター
健康管理士

【趣味】
自転車、マラソン、トレラン、トライアスロン
幾つになっても熱中症。
1967年生まれ

[所属チーム]
トライアスロン Team mega
ロードバイク  DESTRA

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。